雷軒のラーメン放浪記!第二部。

山形県庄内を中心とした食べ歩きと時々自家製ラーメンをやっています。

カテゴリ: 蕎麦、うどん。

追い越しホヤホヤ記事。

暑さ寒さも彼岸までなんて言いますが春彼岸入りしても朝はまだまだ寒いですね。。。

そんな朝の酒田船場町は今日も鮮魚を扱う業者の方の車でごった返しています。
1584480003113

昔から1度は行ってみたいと思っていた魚河岸の一角にある「樋田屋」さん!

ついにこの日がやって来ましたぜ♪

早朝5時30分からの営業。
1584480031356

四畳ほどのハウスの中でお母さんのワンオペレーション!

いわゆる立ち食いそば、うどん店的なスタイルでカウンター3席のみ。
1584480137737


トッピングのコスパも素敵でした♪

注文は蕎麦にかき揚をトッピング。
1584480332901

手作りおにぎりも各100円♪

きっと?筋子なんか良い物を仕入れてるような?

んん〜?なんと表現していいのか言葉を選べません。

けして本格的な出汁の効いた味とはお世辞でも言えません。
まぁその事を求めても駄目と言うべきか、とにかく懐かしくホッとする味♪
コレはコレで旨いってヤツですよ♪


おお!八味って(笑)
1584480083441

1584480364232


そして、筋子おにぎり!

予想は的中!苦味無し!間違い無しの旨さでした♪
1584480471688


朝はコレで満腹♪

全部合わせても500円!

トッピングの味付肉の事も気になるなぁ〜(笑)


そう言えば…婆ちゃんの見舞いのついによくおふくろから食べさせられていた旧荘内病院内に設置されてあった自販機そばもコレはコレで旨いってヤツで憎めない旨さでした。

41322-NgpZbdU5ccEvFwnTMR7g_lrg_re
?新潟県村上市のゲームセンターにはまだあるのかなぁ?


自宅の仏壇脇に、のしが付いた箱が置いてありましたので当然ケンケン♪♪ナムナムしてから包装を開きます!


おそらくは御歳暮で頂戴した物でしょう!
中身は日本麺でありました♪ 
1542358570072~01

完熟うどん、と謳いつつ乾麺になってます(笑)

これは?きっと熟成後に乾燥させた物と言う意味なんでしょうか?

そんな訳ですが、この饂飩を山形内陸部で親しみのある「ひっぱりうどん」にしてみました!
1542360147253

鍋で茹で上がった饂飩をお碗に取り込み、醤油をぶっかけ!トッピングにはサバ缶と納豆、ネギが定番!
まぜそば的なやつです!
1542360759197

納豆に付属の「カラシ、タレ」が付いた物なら使った方が旨いと思います!
1542360800429

追い醤油はお好み適量で!
個人的には生醤油で調整しています。

あれば、刻み海苔も良い仕事をしてくれます!

各ご家庭でオリジナルのひっぱり饂飩がある様で、特にきまりはありません!

ひっぱりパスタをやっている家庭もあるかも知れませんよ(笑)

知人宅のひっぱりうどんはサバ缶、醤油マヨネーズ納豆!
紅生姜inが最強だと強く語っておりました(笑)

いゃ〜!しかし、なんだろ?この乾麺?生麺に匹敵するぐらいコシがありましたよ(凄)

そして、この日は鶴岡最強「難波豆腐店」の木綿豆腐で湯豆腐でした!
1544088017356

その出汁から追い鰹をして二番出汁を作ります!

そして出来たのは干し椎茸入り山伏そば♪(笑)
1543572120372~01
1543572126809
1543572168342
1543572141477

そんなのは絶対嫌だと言うので頭にきた私は激安茹で饂飩で超手抜き肉うどんに!
1544175417147


柔らかくてコシの無い茹で饂飩が大好きな人も結構いるんですよね(笑)

それ、わからなくはないですが、

おふくろには手抜き肉山伏にしました(笑)
1544262494476
イヒヒ♪

でも最強種は!

安く買えるアルミ鍋焼うどんをカセットコンロにかけ!
そこに冷蔵庫にある余り物をトッピングしたりするのも楽しみも増えて最高♪

いゃ〜この日は大雪でしたので、自宅周りの除雪〜晩酌のお供にしました♪
最強に、うどんも体も染みこませてやったぜぇ〜♪
1542964415786


そんなこの週は日本麺尽くしでラーメンの事を忘れられました(忘麺会)?饂飩もそばも麺だし、それはおかしいな?(笑)

次回はラーメンちゃんとやります。





なんと言っても蕎麦はやっぱり冷たいのが旨い!

イメージ 1


この天童名物の蕎麦と、この一味唐辛子の相性は抜群でした。


どちらかと言うと田舎風で少し太目の麺です。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


汁は市販の麺汁に手を加え鰹とトビウオ出汁をブレンド♪

イメージ 5

いゃ~ずっと蕎麦にいたいほど美味しかった(笑)

まだこの地区のラーメンに宿題が残る中この日で藤島地区の最終日になりました。

それでも最終日に選んだのはラーメン屋さんではなく【うどんの大井】さん! (笑)

コチラも未訪問店だったのです。

イメージ 1


かつての藤島の名店【上鉢】さんの、肉うどんに惚れ込んでしまい過ぎて試す機会がなかったお店でした。。

イメージ 2



店内は申し分ないほどのキャパで家族連れもストレスなく座れるスペースの座敷も設けてあるようでした!

イメージ 10


そして、この日は厨房で2名のおばちゃん達が元気いっぱいで切り盛りしてました♪

イメージ 11


メニュー。

イメージ 3

イメージ 4


やはり筆頭は肉うどんのようです!

イメージ 5


いゃ~肉うどん専門店なら迷う事なく済むのに。。。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


なんだか全部気になるぞぉ~


んんん~?鴨もいいけど、角煮も旨そう♪

ほおぉ♪角煮の一品もあるのかい!

イメージ 9


でも、なんとか誘惑を振り切って、ここ1番の人気、肉うどんを大盛でお願いしました。大盛700円です!

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14


さて、着丼!

イメージ 15

イメージ 16


鰹の香りが最高です!

イメージ 17



その肝のつゆは本鰹、宗田鰹が決め手でしょうか?

結構な出汁感があり、今や羽黒の名店となった、うどん店よりもうんと甘さをひかえた感じですけど、出汁感が、なかなかとして好みの味のつゆです。

うどんも讃岐風でコシがしっかりあり麺肌もツルツルピカピカ!

イメージ 18

イメージ 19


おきまりは唐辛子の投下♪

イメージ 20

イメージ 21


大盛だと300グラム近くあるのではないでしょうか?

イメージ 22


肉は豚ばらスライスにつゆの旨味を軽く染みこませたタイプですけど、コレもコレで大好きなタイプです!

イメージ 23


これから夏場にかけての冷水でしっかり絞めた冷たいうどんも良いですけど、ラーメン屋さん以外のお店に大きな宿題を残してしまう結果となりました。

割り箸も勿論あります。
でもエコ箸が置いてありますので、ツルツルすべって食べにくいですけど、出来れば!出来ればですけど!エコ箸の協力を心がけたいものですね♪

御馳走様でした♪

イメージ 24


ほぉぉ、塩にも拘ってるんだぁねぇ~♪

イメージ 25

この日は、お山王はん付近でお仕事をさせてもらいました。

イメージ 1

イメージ 2

思い起こせば竜宮城の話に好奇心を抱いていた健気な幼少時代。
私を待っていたのは竜宮城ではなく母ちゃんが放つスペンディングでした。
ツルッと亀が滑って(水落)事件。

母曰く、刈りたてのスポーツ刈りの後頭部はとても良い音がするらしいです(笑)

イメージ 25

そして、あの頃は沢山住んでいた亀さんも現在は越冬出来る環境がなくりうんと数が減少したのだと言います。。

さて、お昼と言えばそこから1番近いのは千山閣さんや千葉寿司さんですけど昼間からそんな物を食べれるお金持ちではありませんので【そばの木】さんにやってきました。

知る人ぞ知る穴場スポット。

当然ながら私もお初であります!

蕎麦好きの常連さんが通うお店なんでしょうか?

一見は世にも奇妙な佇まい。

でもよく見ると昭和の風情さえ感じさせてくれます。
場所は真島医院さん向の山王荘さん!

イメージ 3


ところがお店は開いてるようですけどオープンは【12時】からでした。(大汗)




しかし?赤川のカジカ?最上地方ではカジカは高級食材ではなかったっけ?

イメージ 4


どうしても食ってみたい欲が一気に加速するのです。
電話をかけても店内から鳴り響く音は聞こえますけど応答がありません(笑)

すると御主人様らしきの人が外出先から丁度戻って来て店中に入れてくれました♪

イメージ 5

イメージ 6


意外なジャズが流れているお店のようです♪

イメージ 8


奥の部屋に案内されるとそこのには旬の物がズラリと並んでいました!
御主人様は相当、山の物に詳しい人だと思います。

イメージ 7

イメージ 9


イマイチ料金システムは不明なまま主人様は小皿にとって自由に食べて下さいと言います?

イメージ 10


しかし?常時カジカ出汁の蕎麦はないのかな?季節限定なんでしょうか?

イメージ 11


…そん事を考えながら注文は十割そばの太切りも気になるのですけどあえて割そば細切りと麦切りとでリサーチがてら板蕎麦の相盛を中盛でお願いしました。
700円!
※相盛でも同一料金なんだそうですよ。

あえて大盛ではないのか(笑)

主人様が厨房に引き返すと颯爽と小皿に天ぷらと山菜を盛り付け所定位置にもどります(笑)

玉葱、ゴボウ、タケノコ、ニシンの天ぷらにしました。

イメージ 12


変な話、クタクタ衣でもこれはこれで旨い!


山菜はワラビとシドケのおひたし♪
もう最高であります!

そして着板!

イメージ 13


蕎麦湯もちゃんと付属してありました。

イメージ 14


麺量、双方で500グラムはあろうかと推定します(;゚д゚)

ここから貪るように食らいつく訳ですが。

蕎麦は包丁で切った乱切り。

イメージ 15

イメージ 16


短いのが特徴で硬目が好みな私にはバッチリで香りも多分良いんだと思います(爆)

一方、麦切りはツルツルと軟らかくシルクのような透明感がありました。

イメージ 17

イメージ 18


好みはそれぞれでしょうけど、やはり私は蕎麦が好みでした。

やはりここは七味唐辛子チューン!

イメージ 24


イメージ 19


出汁の強いクセもなく、わりと塩分もひかえめでしたので卓上の醤油を加えると好みのしょっぱさに調整しました。

いゃ~邪道なレポで申し訳ありません。

でもかなりリーズナブルなお蕎麦屋さんではないでしょうか!


蕎麦湯もしっかり頂いて大満腹です♪

それに一部の物を除いて天ぷら、漬け物等はセルフでサービスだったみたいです!


お勘定700円なり♪
相場千円は超えてしまうようなプランを
この価格。
お蔭様でハイボール賃が残りました♪


御馳走様でした♪

イメージ 20


ん?このコンビは(笑)

イメージ 21

イメージ 22


タケノコの皮に梅干し入れてチュパチュパセットかい?

かぁぁ懐かしいなぁ~

日除け暖簾もカッコイイもんだなぁ♪

イメージ 23

↑このページのトップヘ