雷軒のラーメン放浪記!第二部。

山形県庄内を中心とした食べ歩きと時々自家製ラーメンをやっています。

カテゴリ: 山形市

お盆休み後半。。。

自由に呑んでばかりで辛い遊び疲れを理由にゴロゴロ過ごせると思ったら大間違いだったこの日。。。

誰かの治療は山を越えてやって来ました。

去年の秋は情報不足でうかつに休診日だった山ケンさん。。。

うゎ~人気なんですねぇ~
開店直後の訪問でしたけど行列が出来ておりました^_^;

イメージ 1

イメージ 2


※まず店内に入り券売機で食券を購入するのが先決ですのでご注意!

イメージ 3


※身入りも無料。
※必要であれば【身入り食券】を個別に購入。

ただ行列に参列していてもここのケンチャンは食べれない様です!


そして食券に印字された番号順にスタッフ様がお呼びにかけてくれるシステムの様でした♪

イメージ 14



そして、待ちわびてた山ケンの登場!

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


※スープの調整は全て普通にしてありますが庄内のケンチャンラーメンより相当に油層が厚く庄内の各店の油増しよりもはるか大目でコッテリ感を増してある様です!

イメージ 7


醍醐味であるヒラコ煮干し出汁とキリッとした醤油は庄内ケンチャンさながらのお味♪

やはり、特有の油との攻撃的な相性は癖になるまで発展する物を持っておりしました。

なんせ内陸部でただ1軒しかないケンチャンさんですからねぇ~。

そりゃ流行るわけだ!


麺は何となく食感も形状も余目店に近い印象でしたが加水がどの店舗よりも少し高めなのか?それにボーメも若干高めのような気もしますがコシのある麺と印象付けてまいりました♪

イメージ 8

イメージ 9




チャーシューにも驚き!
大好きなモモの部分ですが、この分厚いりカット!

イメージ 10


ケンチャンのジャンキーな部分を更に盛り上げた感じでした。

細切りメンマだって大目に盛り付けてあります!

そして背脂と噂があった脂身は?背脂ではありませんでした!

いゃ~普通であってこんなに凶暴なケンチャンは初めて対面しました♪

イメージ 11


次回チャンスがあれば1度、油ぬきで試してみたい気も致します♪

イメージ 12


因みに家のキャンディーズのセンターが引いたラッキーナンバーにより
これが着丼され一同驚愕!(笑)

イメージ 13


味玉、海苔増し、チャーシューハジニクが搭載(笑)

えらい治療になったなぁ~(笑)

お坊さんが走り回るほど忙しい月に入り第1日曜日。
この日は大雪が降る前にと月山を越えて山形ケンチャンさんにやって来たのですが…

詰めが甘い私。。。

イメージ 1


ショックの大きさはかなりのものです。

そんな訳で、もう買い物をしながら帰宅方面のラーメン屋さんとあきらめたその時にコチラを発見しちゃったのです!!!

イメージ 2


すぐ目と鼻の先だったのかぁ(笑)♪

このお店も内陸部では優先宿題店としていたお店であります。

噂通り広い駐車場も満車でありますがお店の回転が良いのか駐車場の出入りする車のスムーズ差がそれを物語っているようでした。

良く確認はしてきませんが店内も広く中央入り口から左右に客室があるようです。

イメージ 3


メニュー。

イメージ 4

イメージ 5


メインは大きく分けて中華そば、辛味噌ラーメン、つけ麺。

そして味玉ラーメンやチャーシューなどのトッピングを付けてボリュームアップできるシステム。

そんな訳ですが当然選ぶのは中華そば!大盛、硬目で♪

イメージ 6


大盛のボリュームを侮ってました^_^;

おそらく麺量300グラムはゆっくり超えているのでは?

海苔、ナルト乗った王道スタイルで琥珀色の醤油スープに浮かぶ煌めく油の玉が何とも食欲そそる顔になっております。

イメージ 7


スープは濃い目に際立たせた醤油に鶏ダシがメインではないでしょうか?

イメージ 8


浮かぶ煌めく油の正体は鶏油(チー油)?

そして後からほんのりと追う魚介の風味が堪らなく旨いです!

庄内ではあまり味わえる事のない醤油の風味?或いは水の違いか?
上手く言えませんが独特の芳醇さが印象的でした。

麺は中太平打ちタイプの縮れ麺。

イメージ 9

イメージ 10


ボーメを極力抑えて小麦粉の香りがとても素敵に香ります♪

もしや打ち立て?
でなくとも熟成度の浅い若い麺なのではないでしょうか?

フカフカとした食感がありました!

チャーシューには脂の旨い肩ロース。

イメージ 11


しっかり味の染みついた仕上がりで身崩れしない上等な食感が抜群であります!

メンマも完璧に好みでした!

いゃ~絶え間なく訪れるお客様の理由がわかりる気がします♪

お子様ラーメン350円のボリュームも非の打ち所のないスペック!
近くのお店からはふられちゃいましたけど、それでもわざわざ山を越えてきた甲斐があった一杯でありました♪

イメージ 12

この日はドライバーライセンスの更新を目的として前日の飲酒を控え目にし、イマイチの調子の悪いポンコツの車に座り月山道を登り天童方面へ。。。(大汗)

この5年間は運良くゴールドライセンスを保持している僕ですが以前はMAX時速60キロも満たない社用の自動車でスピード違反で検挙させた事があります(謎)
場所はひさげ興屋の桜波木(核爆)。。。

お巡りさんも【こっだの初めてだずぅ~】と苦笑っていました。(汗)

月山第一トンネル付近を差し掛かった頃にお腹に模様が…(汗)。

ここからはポンコツの事情など無関係。アイルトンセナと化してチェリーランドまで…(罪)。

危うく、しまむらの開店を待つ事にもならず笑顔を取り戻す事が出来ました。

チェリーランドでは何かイベントがあるようですよ?

イメージ 1


神町駐屯地から自走して来たのでしょうか?

イメージ 2


子供の頃こういった光景が放送される度に家の母からオメな橋の下がら拾った子だがらワリゴトするど戦争さやるぞ!の言葉を思い出します。(笑)

メディアでは他国の悲しげな状況をアナウンスされていますが平和な日本に少しは感謝しなければなりませんね♪♪♪

さて無事に到着はしたもののこの時既にマフラーは直管のような爆音を発していました  (大汗)
ハズれたな。。。そんなに見ないでよ。。  (恥)

そして30分の優良講習を終え六年目のゴールドライセンスをゲット!!

せっかく山を越えて来たんですからねぇ。
ライセンスを更新して来るだけじゃ面白くありません!当然、麺活も予定していた訳なのです。

向かったのは山形市中桜田に構える『麺辰』さん!

イメージ 3

イメージ 4


勿論、お初となる訳ですがブロ友、知り合いの皆様から最優先にオススメされたお店であります♪

10時30分着!まだ誰もシャッター小僧はおりません!(笑)

イメージ 7


そうこう車内で携帯ちょしをしてますと続々とお客様がやって来て痛恨の1番PPは奪われてしまいました^_^;

イメージ 5


厨房から外へ排出しているダクトからはメンマの香りとチャーシューの匂いが漂いコレが狂おしくも素敵な香り。
他のお客様も同じような言葉を繰り返していました。

開店五分前には女性スタッフが外に出て水を巻だしたのはなんの意味かはわかりませんが、いよいよ10時ジャスト!オープン!

イメージ 6

イメージ 21


店主様なのかスタッフ様なのかは不明でしたが僕のマフラー音のようなボリュームで声を張り上げ【いらっしゃいませー!】

もう意気込みが半端ではありません!気合いが十分伝わって来ましたよぉ!

カウンターに腰を下ろし、メニューをガン見したものの、既に注文は決めていました!

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


デフォルが580円と言う驚異の中華そば!後悔するとわるいので大盛680円を保険かけて硬麺です(笑)

コレは鶏の香りが素晴らしい!

イメージ 12


コレだけの臭みのない鶏の中華そばは記憶にないぐらいに、そしてスープに煌めく油加減も脳を刺激してくるのであります。

庄内の文化、魚出汁を覆す鶏の濃い清湯スープ!コク深く完成度の高く旨味のラインが整ったスープでしたよ!

イメージ 13

イメージ 18


麺は重量感溢れる太目の縮れ麺!

イメージ 14


庄内で言うなら麺屋酒田さんの麺をもう少しだけ細くして、かん水濃度を高くし寄り中華麺ぽさを出した物と言えばいいのでしょうか?
硬麺にすると口の中で暴れるように
弾け満足感を与えてくれます!

チャーシューは厚手のバラ肉、軟らかすぎず硬過ぎず、味付けは濃いめですがしょっぱいとは感覚が違いますよ!角煮みたいの塩梅ではないでしょうかねぇ!

イメージ 16

イメージ 15


極太のメンマもゴロリと3本! 

イメージ 17


特有の発酵臭を残した中華そばを名乗るのに大事なアクセント!コレも計算済みなんだと感心するばかりです。

けして古くさくはなくコレからもどんどん若者達を中心に唸らせる現代的な中華そばなんではないでしょうか?
本当に旨かったです!山を越えて来た甲斐がありました♪

僕の中でいつまでも記憶に残る一杯になるでしょう!御馳走様でした♪♪♪

イメージ 19


帰りは爆音君で天童市内で迷子になりかけましたが月山の紅葉を一枚パチリ。

イメージ 20


しかし、マフラー修理。銭かかるなぁ~(T.T)

↑このページのトップヘ