雷軒のラーメン放浪記!第二部。

山形県庄内を中心とした食べ歩きと時々自家製ラーメンをやっています。

カテゴリ: 山形県最上群。

年始、2発目の麺活は去年に舟形町にオープンした龍のDNAを継ぐ雅さんにお邪魔になりました♪

イメージ 1


店内はお洒落で物凄く素敵な空間!
とてもラーメン屋さんみたいに思えない佇まいであります(凄)

イメージ 2

イメージ 3


床なんて、ホレ!ピッカピカでございますよ♪

イメージ 4


鶴岡で言うなら晴天の風さんのような感じでしょうか!

店主様は熱い友人関係恵まれ、このお店の改装の殆どが職人腕をもつ友人達の手でコンビニ跡をリメイクしたのだと言います!

現、段階では中華そば並盛のみ提供との事でしたので家族で三杯お願いしました。

イメージ 5

イメージ 6


麺の硬さも指定しておりません!

フルデフォでの着丼であります!

イメージ 7


見た目からメンマが龍さんしてますなぁ~

たっぷりと浮かび上がる鶏油と思われる黄金色の油。

イメージ 8


コレが意外にも鶏臭さがない不思議な味わい。

イメージ 10


もしや?バラ肉チャーシューから出る脂とのドッキングでこんな味わいになるのでしょうか?

それとも良質な鶏の油とはこんなにもクセの少ない物なのか?

私には解析できませんでした。

そして、あえて醤油を際立てあるところも龍さんらしく嬉しくなります!

麺は中太ストレートのようです!
のど越しも良くスープと油の拾いも抜群に良い麺でした。

イメージ 9

イメージ 15



そして、コレも驚き!
厚手にカットされたバラ肉チャーシューは十分な食べ応えが楽しめます!

イメージ 11

イメージ 12


チャーシューのボリュームに拘る人には必見ですよぉ!!!

舟形特産のマッシュルームがモチーフとなってるところも故郷の愛を感じさせてくれますね♪

イメージ 13


ぜったい忘れない一杯!

ここまで足を運んだかいがありました♪
美味しかったです♪


なんだかケーキまで頂いてしまい…御馳走様でした♪♪♪

イメージ 14

ここに乗り込んでから一週間が経過した頃の記事。
辺り一面蕎麦畑の景色、8月下旬でも少し寒いぐらい涼しい所です。

イメージ 1


なんせ場所は標高1000メートルですからね^_^;

そんなこの日は訳あって、チャンスが巡ってくれました♪

イメージ 2


連日、お昼営業のみだった大蔵食堂さん!
この地区の大横綱店なんではないでしょうか?

詳しくはわかりませんが旅館バリの佇まい。

まさに大蔵大臣!(笑)

明日から新庄祭り…?
わぁ~すんごいタイミング。

イメージ 3


この日を逃してたら絶望でした。


この日は日曜日だけあってお座敷にもお客様ビッシリ!

イメージ 4


メニュー左上を陣取る五目味噌ラーメン!

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


お店イチオシは味噌ラーメンらしいですけど私はデフォを硬目でお願いしました。

厨房ではスタッフさん大忙しです中華鍋をガサガサと振りかざす音が凄まじい♪


味の微調整する白い調味料の銘柄だって隠す事なく堂々とカウンター前に置いてありましたよ(笑)

なんと言っても驚いたのはお店の司令塔、パワフルな発声を繰り出す大女将さん?

厨房に投げ掛ける声が半端じゃありません!(笑)

本当にみていて惚れ惚れする光景でした(笑)

着丼。

イメージ 8


スープは豚、鶏がメインでしょうか?
トッピングのワカメの旨味は勿論の事ですが後味にわずか魚介風味も感じ取れ大目に入る刻みネギとの同調させると尚、美味しい♪

イメージ 9


切れ味のある醤油、庄内のどこかにあるようでないような独特感さえ覚える味??


麺は中細のウェーブ麺。

イメージ 10


200グラムをちょいと切る量ですかね?
チュッルとした食感で喉越しが良い麺で万人受けタイプではないでしょうか♪

チャーシューはモモ肉で小さめですけど味は一級品!
ムキムキとして臭みがまるでありません!

イメージ 11


メンマも切れのある醤油を使った味付けで完璧に私好みでした。

イメージ 12


カマボコはカマボコでした(笑)

いゃ~やっぱり所変わると中華そばって本当に微妙な違いが出る事にしみじみと感じて参りました。

ほぼ庄内留守番役の私ですけど山形の中華も、とことん試してみたい!そんな風に思えたこの日でありました。

茄子のキムチ漬けコレも旨い!

イメージ 13


御馳走様でした。

イメージ 14


おお!コレがサービス♪

イメージ 16


ババへらアイスですぞ!

イメージ 15


何年振りだろ?小学生の頃、鶴岡市民プール前、以来かな?(笑)うぁ~うめぇ~♪♪♪

実はこの日が最後の最上群麺活となった訳ですが、まだまだ気になるお店が沢山あります♪大蔵食堂さんの味噌も含め、いつの日かまた訪れるチャンスが巡って来る事を願っています♪

この日の帰り道も大蔵食堂さんに立ち寄ったのですが午後から休業中の看板が置かれていました。。。

するともう大蔵村の麺活は絶望って事か?…

仕方なく赴くまま車を走らせる事になるわけですが47号線沿いの自慢のお蕎麦屋も殆どが昼営業なので蕎麦活も絶望。。。

芭蕉ドライブインを睨みつけたり、高麗館のラーメンの幟たつロータリーを徐行しながらガン見すれば大韓民国人のおばあちゃんが怪しげな手招きするわでアクセルペダルを強く踏んでしまいました(汗)

おそらくはキムチの力説でしょうか^_^;?

そしてやって来たのはコチラ。(笑)

イメージ 1


前回は準備中だったファミリーさん!
丁度、店主の奥様らしき方が車で戻って来たところで準備中の札が営業中にひっくり返ったタイミングであります♪

イメージ 2


ここを通るたび元祖ガッキラーメンの看板にもう何十年も揺れ動きながらもどこか胸の奥底で躊躇してしまったてお店。

元祖とか限定の言葉にめっぽう弱い私。近頃は特製と言う物からは強くなりました(笑)

今度こそ躊躇せずに、冒険家、雷!いざ潜入!!!

イメージ 3


店内は喫茶店的な佇まいと申せば良いのでしょうか?

イメージ 4


ワンピースの漫画本も全巻揃ってましたよ!

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


さて、デフォルトのラーメンも勿論あるようですけどここは雷アンテナはやはり創作系のガッキラーメンをお願い!

イメージ 8


保険をかけて硬目で♪


おおお!思ってた以上に香りが良いラーメンです!

イメージ 9

イメージ 10


ガッキラーメンとはいわゆる牛スジラーメンとのこと。

牛スジ以外はメンマ、ワカメ、蒲鉾といったメンバーのようです!

牛スジから奏でるこの醤油スープ!

イメージ 11


キリッとしょっぱめで標準装備で胡椒の風味もいたします。

それでもじんわり牛の脂の甘味を上手に生かして素晴らしい物に仕上がってました。

しかし、この醤油ダレもしや?もしや?

鐘?

だとしてもスープ本当に見事であります!


硬目指定の麺は申し訳ありません。けして硬いとは言えるものではありませんでしたけど、スープをちゃんと拾ってくれる美味しい麺でした。
デフォルトの茹で時間など大凡教えてもらえたなら私的な好み極旨の麺に仕上がっていたかと思われます♪

イメージ 12

イメージ 13


メインの牛スジ!

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16


コレにはお世辞抜きで唸りました!

牛スジを柔らかく煮付けるのは基本中の基本なのですが味付け柔らかさ最高峰であり、スープをの塩分を濃くし過ぎてしまう事もありませんでした。



メニューを拝見していて、ガッキラーメン(牛スジラーメン)があるなら、単品でもあるのか?
…でもそれは存在しませんでした。

ビールと牛スジでやれたら最高の晩酌になると思いますよ(笑)

いゃ~メンマも甘くなくてもろに好みです!
ワカメも全く邪魔する事なく完成度の高い創作ラーメンで御座いました!

イメージ 17


やっぱりラーメンは食べてみなければ絶対にわからないもんですね♪

思わずKK寸前!


御馳走様♪♪♪

イメージ 18

限定記事で理由は既出してますので省略させてもらいます(笑)

この日は古口駅の下に構える巴食堂さんにお邪魔しました。

イメージ 1


勿論、初訪問。

イメージ 2


なんせ営業時間も夜7時までってのが嬉しいですねぇ♪

引き戸を開けるとお出迎えはわんちゃんの鳴き声!


店主様にお客が来たよぉ~とばかりのアイズのように呼び出してくれるようです♪

ノスタルジックな店内♪

イメージ 3


メニューを拝見してもラーメンだけでなく価格が全般的にリーズナブルなのに驚き!!!

イメージ 4

イメージ 5


やはり学生さん御用達の駅前食堂ってなイメージでしょうか。

お目当ては勿論、中華そばでありますが自宅に戻っても枝豆しかないと言う事なので大盛600円を保険かけて硬目でお願いしました。(笑)

イメージ 6

イメージ 7


煌めく油に万能ネギがまた良い仕事をしてそうです♪

イメージ 8


最上の老舗では基本的なダシの心臓部となるのはやはり鶏ダシなんではないでしょうか。

鶏ガラ清湯。
少し塩気が強目の醤油スープ。

カエシには薄口醤油なんかに捻りを加えたモノなのでしょうかねぇ?

鶏ガラの旨味が流石!万能ネギとの相性も抜群であります♪

麺はわりと中太的なしなやかなウェーブ麺!

イメージ 9


硬さコシを主張するよりも歯切れの良さが光る麺のようです!

そして、チャーシューは焼豚、煮豚のようなチャーシューではありません!

イメージ 10


大判の肩ロースのスライスしてある物に短時間で味を染み込ませたタイプのようでした♪

それでも見た目よりも味がしっかりと移されてあり臭みなんかもありません!

コレはコレで旨い!

少し甘目のメンマにこの海苔!

イメージ 11


特に海苔の厳選にはこだわり持っているように思えましたよ。
磯の風味が強い立派な海苔♪

イメージ 12


いゃ~どこの地域に行ってもノスタルジックはやっぱり憎めないですねぇ~♪

イメージ 13


御馳走様でした♪

イメージ 14

↑このページのトップヘ